タイトル

多彩になった表札のデザイン

昔の表札というと、石に漢字で名字が彫ってあるという物がほとんどでした。 しかし最近では様々な材質を使用したり、オシャレなデザインの物がとても多くなってきているのです。 透明感を重視したガラスで出来ている物や、ワイヤーアートのように一筆書きのローマ字で作ってある表札もあります。 シンプルな物になると汚れや傷に強いステンレスの物がとても人気となっていますし、キャラクターが入っているデザインの物も多くなってきています。 こういう風に多彩になってきていることで、自分の家庭がどういった家庭なのが表札でアピールすることができるようになってきているのです。 最近では自分で表札を作ることができるキットも販売されていますので、世界に一つしかないオリジナルの物にしているという家庭も多くなってきているのです。 しかしあまりいい材質の物を使用してしまうと、防犯上あまりよくありませんので、なるべく他の家庭と同じような無難な物にしておくことをおすすめします。


デザインに一人一人の個性が出る表札

表札と聞くと、家の玄関の外に掲げる自分や家族の名前の入ったプレートを思い浮かべると思います。お店で言う看板的な物と同じ役割を果たし、宅急便の方や知人などが訪問する際の目印となる大切な物と言えます。デザインにより、家の雰囲気が変わってきます。表札に目を向けてみると、各世帯により色々な種類があり、苗字のみ大きく表示されている物や、世帯主の名前を入れてある物、家族全員の名前を連名で入れてある物など、さまざまな種類がある事が分かります。表札を分かりやすくしてある事で訪問者がすぐに、その家を探し出す事ができ日常の中で大切な役割を果たす物となります。素材や形、色、書式などを組み合わせる事により、周りの人達とは被る事のない個性ある物が完成し、家の雰囲気に合わせ漢字やローマ字など決めたりする事でその家の雰囲気に合う物を完成させる事が出来ます。代表的な物は、木材に黒字の縦書きで名前を入れてある和風な物となります。その他には、御影石に文字や色の融通のきく物もよく使われています。最近では、若い層の方達の中で金属製の物も、個性がありお洒落という事で人気があります。他にも、硝子製やセラミックタイル製の物など様々な物があります。最近の傾向としては、高い防犯意識により標識を付けなかったり、苗字のみ載せている物が主流となっている気がします。理由として、フルネームや家族全員の氏名を通り行く人にまで知られる事に対し抵抗感があり、防犯面を考えると心配という事からこのような傾向となっている事がいえます。

Favorite

屋形船を予約したいとお考えの方はご相談ください

屋形船

世田谷の相続に詳しい司法書士です

相続 世田谷

鍵交換で身近な防犯対策を!低価格な鍵から高機能な鍵まで対応中

鍵 交換

Last update:2018/8/10